取得できる資格

本校では以下の資格を取得することができます。

称号 専門士

本学生は卒業生に対し卒業証書とともに専門士(教育・社会福祉専門課程)となる称号を取得します。専門士の称号を有することにより、大学への編入が可能になります。これは、1998年6月、学校教育法が一部改正されたことによります。また、これより本校を卒業し専門士の称号を得た者は、短期大学を卒業した短期大学士と同等の扱いをうけることになります。

介護福祉士国家試験受験資格

『介護福祉士』とは、専門的な知識や技術をもって、障がいがあり日常生活を営むのに支障がある人に対し、心身の状況に応じた介護を行う専門家。家族への助言や指導も行います。本校では介護福祉士の国家試験受験資格を取得できます。本校の卒業生たちは、老人ホームや障害者施設、ホームヘルパー(在宅介護)で活躍しています。 ※養成校卒業者に対する国家試験義務付けを平成29年度から5年間かけて漸進的に実施。

社会福祉主事(任用資格)

本校は、2年制の専門学校の介護福祉士課程において、『社会福祉主事』を同時に取得できる学校です。社会福祉主事は、母子家庭や高齢者・障がい者など福祉サービスを必要としている人の相談に応じ、生活保護の適用や福祉施設の入所手続きなど、利用者の自立した生活を援助する仕事(ソーシャルワーク)に携わります。福祉施設の相談員の要件に準用され、就職の際に求人条件になる事もあります。また、相談援助の実務を2年経験すると、社会福祉士の短期養成施設に入学することができます。

レクリエーション・インストラクター

『レクリエーション・インストラクター』は公益財団法人日本レクリエーション協会の公認資格。交流を楽しもうとする人たちが、自分自身で豊かな活動を発見し、充実した人生を送ることが出来るように支え、必要な援助を側面から行います。楽しさを基本とし、体の機能の低下防止や回復だけでなく、心の活性化に目を向けた専門性のある援助を行います。卒業生は、施設における様々な行事やレクリエーション活動の中心になって活躍しています。